株式会社 M-CRAFT

外壁塗装なら横浜市南区のエムクラフト

ブログ

外壁のクラックの補修と塗装

外壁塗装は、塗膜が耐用年数を経て水をはじく効果が劣化して来たものを改善すると共に、外壁に入ったクラック(ひび割れ)を補修する事が目的です。
塗膜が劣化するのは、紫外線や雨水に濡れては乾燥すると言った環境ストレスの影響によるものです。

またクラックは、立地にもよりますが幹線道路沿いでは大型自動車の通行による振動や地震の影響もあるでしょう。
また、こうした物理的な振動が無くても、モルタルを塗った際の応力がモルタルが長時間かけて収縮を続ける中で生じる事もあります。

こうしたクラックは、その開口部に薄い紙1枚が入るほどなら、そこから雨水が浸透すると言われています。
木造モルタル塗りの一般的な一戸建て住宅では、外壁の内側には柱や梁と言った木材の躯体があり、クラックから雨水が浸透すれば、木材を腐食させたりシロアリの発生原因となり、住宅の寿命を著しく短くする危険性があります。

従って外壁塗装時には、外壁全体に塗装を施す前に、シーリング剤をクラックの奥まで十分に注入して補修を行う事が必要です。
塗装剤を塗り、クラックの表面を塗膜で覆うだけでは、細かいヘアクラックと言われるものは補修できても、雨水が浸透するような大きなクラックを塞ぐ事はできないのです。

大きなクラックは、塗膜の寿命に関わらず、見れば分かるため、自分でシーリング剤で開口部を塞いでいるケースも見られます。
しかし、素人がDIYで行った場合にはシーリング剤がクラックの内部まで十分充填されずに、表面のみに塗られている事が多く、シーリング剤の膜が経時変化で外壁から浮き、ひどい場合には垂れ下がっているのを見かけます。
これでは雨水の浸透を防止する効果は得られません。

従って、外壁にクラックが入った場合には、専門家に外壁塗装前にシーリング剤をしっかりと充填・補修した上で塗装してもらう事が重要です。

先にも記した様に、塗料をいくら塗りたくっても大きな開口部を持ったクラックを塞ぐ事は出来ないばかりか、これが逆効果にさえなりかねないのです。
施工費用が安いからと言って、こうした点に手抜きをしたり、メンテの必要性を説明しない様な業者は信頼できないと言えるかも知れません。

外壁塗装を依頼する場合には、こうしたクラック等の補修をどのように行ってくれるのかも、しっかりと確認・打ち合わせする事が肝要です。
塗料の選定や色調をどうするかも重要ですが、こうしたクラックのメンテをどうするかも極めて重要で、忘れないようにしたいものです。

横浜市南区を拠点にご対応しております!

代表 森川
外壁や屋根の塗り替えから、クロスや床の張替え、トイレ交換などの水まわりリフォームのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい。

お見積りは無料です!お気軽にお問い合わせ下さい!

お見積りは無料です!お気軽にお問い合わせ下さい!
よくあるご相談
・工事期間はどれくらいですか?
・不在がちですが大丈夫ですか?
・小さな工事でも大丈夫ですか?
上記のようなご相談はもちろん、疑問や悩み事などご相談下さい
メールでのお問い合わせはこちら

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)