株式会社 M-CRAFT

外壁塗装なら横浜市南区のエムクラフト

ブログ

家の塗装の必要性—塗り替えを怠るとどうなる?

家の塗り替えと言うと外観のためというイメージがあるかもしれませんが、本来建物塗装の最大の目的は、「建物の保護」、特に「防水」です。建物もメンテナンスしなければ確実に寿命が来てしまいますが、その寿命を早めるのが水
日本では特に1年を通じて雨が降り湿気も高く、このような環境下に立つ家は常に水の攻撃に常にさらされています。従って防水加工は必須で、その防水の役割を果たしてくれるのが塗装と言うわけなのです。ではこれを怠っている家はどうなってしまうのでしょうか。

湿気を帯び壁にヒビが入り始める

塗料に含まれる防水効果が低下し始めると、家の壁や屋根は水をはじく力を失い始め、少しずつ水分が溜まって湿気を帯び始めます。その後天気が回復し乾いた時に歪み、これによって動きが出ることになります。
この、湿気ては乾き、湿気ては乾き・・を繰り返し、壁や屋根が何度も動いたりその動きが大きくなったりすると、壁に小さなヒビが入り始めます!

外壁内部が劣化し始める

外壁にヒビが入るとそこから水が浸入し外壁内部を劣化させ始めます。
小さなヒビの間であればまだ水の浸入も少ないですが、放っておくと確実にヒビは大きくなっていき、そうなると水はどんどん外壁内部へと浸入していきます
外壁内部には水による劣化を防ぐ目的で防水材や防水シートが張られているため、浸入してきた水も一時的にはここではじき返されます。
つまりこの段階でも目に見える影響は出ないため気づかれにくいのですが、防水シートも大量の水の浸入に耐えきれるわけではありません
そのためこれを放っておくと防水シートを突破して更に水は家を冒していきます

建築材が腐食し始める

防水シートを突破した水はその内側にある鉄骨やコンクリート、木材などの家の建築材を腐食させていきます。
この段階まで来ると家の防水能力は殆ど失われていると考えて良いでしょう。
腐食が進むと外壁が崩れ落ちたり木材が腐食すると家が傾いたりする恐れもあります。
家が歪んで隙間ができると断熱性も低下しますし、雨や湿気の影響をモロに受けることになる為、俗に言う「雨漏り」、つまり住居部分に水がしみ出して水分が漏れ始めます。
更にはコンクリートの強度が低下するため耐久性を失い地震などの自然災害の際に倒壊する恐れも出てくるでしょう。

こうなってしまってから慌ててリフォーム工事を行うと、塗り替えとは比べ物にならないほどの費用と時間をかけることになってしまいます
そうなる前に、家の塗り替えを行いましょう。
横浜市南区圏内にお住まいなら、塗装専門の株式会社エムクラフトにご相談ください。

横浜市南区を拠点にご対応しております!

代表 森川
外壁や屋根の塗り替えから、クロスや床の張替え、トイレ交換などの水まわりリフォームのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい。

お見積りは無料です!お気軽にお問い合わせ下さい!

お見積りは無料です!お気軽にお問い合わせ下さい!
よくあるご相談
・工事期間はどれくらいですか?
・不在がちですが大丈夫ですか?
・小さな工事でも大丈夫ですか?
上記のようなご相談はもちろん、疑問や悩み事などご相談下さい
メールでのお問い合わせはこちら

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)