株式会社 M-CRAFT

外壁塗装なら横浜市南区のエムクラフト

ブログ

外壁塗装の「モニター商法」とは?

家の外壁塗装を促す目的で業者側から営業マンが自宅を訪問する「訪問販売」。
家の塗り替えに関しては素人では気づきにくいこともあるため、専門家である塗装業者が訪問し必要なら工事を勧めることもあるでしょうから、それ自体が悪いものとは言い切れません。
しかし家の塗装やリフォームに多いのが「モニター商法」で、これには注意が必要です。

モニター商法とは

モニター商法とは、その商品やサービスのモニターになるという条件で、通常価格より大幅に値引きされた金額でそれらを購入できると謳う商法のことです。
家の外壁塗装の場合は大抵訪問販売の形を取り、突然セールスマンがやってきてモニターになることを勧めます。
と言っても家の塗装ともなれば「割引価格」でも数十万円はしますから、家主も簡単に首を縦には振りません。
そこで「その家の屋根や外壁がいかに塗り替えを必要としているか」「モニターになればいかに得をするか」「このチャンスがいかに貴重か」「いかに緊急性があるか」を、相手に口を挟む隙も与えず畳みかけるように話してきます。
そして必ずと言って良いほど即決を促しますが、これも相手に考える隙や調べる隙を与えないためです。

では実際にモニターになって得をするのか?と言うと、勿論そんなことはありません。
モニター商法の殆どは自社には塗装職人を抱えていないどころか、塗装に関する知識も技術もないど素人の営業会社で、上手く顧客をゲットできればその工事を下請けに丸投げします。
当の営業会社は「モニター料金」さえ受け取ったらそこで顧客には何の用もありません。
勿論アフターサービスも保証もメンテナンスもないのです。

それでも下請け業者がキッチリ仕事をしてくれるのなら良いのですが、利益を営業会社にピンハネされていますからそれほど収益は望めません。
従って手抜き工事になることが多く、たった数年で再び塗り直しの必要が出てくることが多いのです。

モニター商法に騙されないために

モニター商法に騙されないためにはそもそも玄関の鍵を開けないことがベストなのですが、うっかり対応してしまった場合、「無料」「割引」「特別」「今だけ」といった言葉に騙されないようにしましょう。
本当に外壁塗装の必要性を感じたなら、まずは他社にも見積もりをとってもらってから、と言ってください。
モニター商法の場合は相見積を嫌がりますから、それだけでも見極めがつきます。
実際に相見積りをしてみると、ごく一般的な業者であればどの見積書も同じような内容になるはずです。
横浜市で家の塗り替えを考えているなら、エムクラフトにご相談ください。
見積もりだけなら勿論無料です。

横浜市南区を拠点にご対応しております!

代表 森川
外壁や屋根の塗り替えから、クロスや床の張替え、トイレ交換などの水まわりリフォームのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい。

お見積りは無料です!お気軽にお問い合わせ下さい!

お見積りは無料です!お気軽にお問い合わせ下さい!
よくあるご相談
・工事期間はどれくらいですか?
・不在がちですが大丈夫ですか?
・小さな工事でも大丈夫ですか?
上記のようなご相談はもちろん、疑問や悩み事などご相談下さい
メールでのお問い合わせはこちら

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)