株式会社 M-CRAFT

外壁塗装なら横浜市南区のエムクラフト

ブログ

塗装工事で起こりやすいトラブルと回避方法

家の塗り替えを依頼したところ、仕上がりに不具合があったなどのトラブルが発生することもあります。
質の良い業者であれば回避できるものも多いのですが、顧客側でも塗装工事で起こりやすいトラブルとその対処法を知っておけば、嫌な思いをせずに済むかもしれません。

思っていた色と違う

外壁の塗り替えは色見本を見て気に入ったものを依頼することになりますが、実際に塗られてみると仕上がりがイメージしていた色と違う!ということがあります。
これは、「色の面積効果」によるもので、面積の小さな色見本で見た色は、実際に面積の大きな外壁に塗るとイメージしていたより薄く明るく感じてしまうからです。
まず、色見本で色を選ぶ時点でこの色の特性を考慮して、実際はこれより少し薄く明るくなるとイメージしましょう。
A4サイズ位の大きめサイズの色見本や実際にその色で塗った建物を見せてもらったり、あるいはベニヤ板などに試し塗りしてもらいそれを太陽光の下に持って行って確認したりすると良いですね。
施工中でも色が気に入らなければ塗り直しできなくはありませんが、このような塗り直しは業者の嫌うところですし、勿論塗り直しの追加料金が発生することになります。

塗装がすぐに剥げてきた

塗装工事が終わってから1年もたたないうちに塗装が剥げだすような場合、その原因は業者側の手抜きが考えられます。
例えば高圧洗浄や下地調整、下塗りが不十分であると密着性が弱くなり剥がれやすいためこのようなトラブルになるのです。
この場合は業者側負担で塗り直ししてもらうと良いですが、そもそもこのようなトラブルを回避するためには、塗装の工程を詳細に説明してもらい、その作業工程ごとに写真を撮って残してもらうようお願いすると良いでしょう。

高圧洗浄の水が室内に浸入してきた

高圧洗浄の水が室内に浸入してしまうのは、単純に窓や鍵の閉め忘れ、換気扇を回しっ放しにしていたなど家主側のミスの場合もあり、そうであれば高圧洗浄の日にきちんと閉め切っているかしっかりチェックすることが回避方法となります。
一方窓回りなど水圧を少し弱めなければならない箇所まで強い水圧で洗浄してしまったために水が浸入したというような、業者側のミスが原因になることもあります。
これを回避するためには、予め職人歴の長い熟練の職人さんに洗浄してもらうようお願いすると良いでしょう。

大切な住まいのメンテナンスですから、満足のいく塗装工事にしたいものです。横浜市のエムクラフトでは、できる限りお客様に喜んでもらえる塗装を行う為、着工前に丁寧に説明し、トラブルのない高い技術で仕事に臨んでいます。

横浜市南区を拠点にご対応しております!

代表 森川
外壁や屋根の塗り替えから、クロスや床の張替え、トイレ交換などの水まわりリフォームのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい。

お見積りは無料です!お気軽にお問い合わせ下さい!

お見積りは無料です!お気軽にお問い合わせ下さい!
よくあるご相談
・工事期間はどれくらいですか?
・不在がちですが大丈夫ですか?
・小さな工事でも大丈夫ですか?
上記のようなご相談はもちろん、疑問や悩み事などご相談下さい
メールでのお問い合わせはこちら

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)