株式会社 M-CRAFT

外壁塗装なら横浜市南区のエムクラフト

ブログ

雨の日の外壁塗装工事はどうなる?

外壁塗装工事を依頼するのに向かない季節と言えば、梅雨時です。
しかしどうしても梅雨の時期に塗り替えなければならなくなったり、あるいは梅雨時期を外しても工事中に雨が降り出すこともあるでしょう。
そのような場合での塗装工事はどのように考えておけば良いのでしょうか。

雨の日にできること・できないこと

まず大前提として、雨の日に塗装作業をすることはできません。
塗装において一番重要なのは塗料を乾燥させて塗膜を作ることであり、この塗膜が紫外線や雨風などのダメージから家を守るのです。
従って雨が降ると当然塗料が乾燥せず、乾燥していない上から更に中塗り・上塗りと重ねていっても塗料本来の機能が発揮されず、極端に耐久年数の低い塗装になってしまいます。
仮に無理やり雨の中で塗装したとすると、耐久年数の低い仕上がりになってしまうだけでなく、雨によって塗料が流されてまだらな仕上がりになったり光沢がなくなったり、塗料が水を吸って膨れてしまったりします。
そのため、雨が降ると塗装作業それ自体は中止・延期となるわけです。

雨が降れば業者は全く何もしない、というわけでもありません。
塗装作業はできないと前述しましたが、逆に言えば塗装作業以外なら雨が降っても行えるわけです。
例えば足場の設置や解体、高圧洗浄、外壁の下地調整などがそれにあたります。勿論「雨の日」と言っても雨量は様々で、台風のような激しい雨の日は職人の安全や作業効率などの理由でこれらの作業も延期せざるを得なくなる場合もあるでしょう。
また雨の日でもできる作業として、近年関西ペイントが販売を開始した「アレスダイナミックフィラー」という塗料を用いた下塗り作業も挙げられます。
これは雨が降っても使える下塗り塗料として開発されたもので、雨の日は主材に強化剤を混ぜて使用します。このアレスダイナミックフィラーを使用している業者であれば、雨の日でも下塗り作業を行うことができます。

工期が伸びた場合の追加料金

雨のせいで工期が伸びた場合、一番気になるのが追加料金が発生するかどうかということでしょう。
結論から言えば、工期中に雨の日もあることを予め想定したうえで工期を決めているため、想定内のことですから、追加料金が発生するということはありません。特に地元密着型の塗装業者はその地域の気候にも熟知しているため、雨の日が誤算になるということも少ないでしょう。
地域密着型業者に依頼することにはこのようなメリットもあるわけですね。
横浜市南区近辺で家の塗り替えを考えているなら、横浜市の地域密着塗装業者、エムクラフトがお勧めです。

横浜市南区を拠点にご対応しております!

代表 森川
外壁や屋根の塗り替えから、クロスや床の張替え、トイレ交換などの水まわりリフォームのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい。

お見積りは無料です!お気軽にお問い合わせ下さい!

お見積りは無料です!お気軽にお問い合わせ下さい!
よくあるご相談
・工事期間はどれくらいですか?
・不在がちですが大丈夫ですか?
・小さな工事でも大丈夫ですか?
上記のようなご相談はもちろん、疑問や悩み事などご相談下さい
メールでのお問い合わせはこちら

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)