株式会社 M-CRAFT

外壁塗装なら横浜市南区のエムクラフト

ブログ

外装塗装の見積書のチェックポイント

家の塗装を依頼するにあたってまず業者から見積もりをとってもらう必要がありますが、見積書を見て最終的な総合価格だけで業者を決めてしまってはなりません。
専門的で読みにくいかもしれませんが、せめて見積書のチェックポイントだけはきちんと確認するようにしましょう。

塗料の種類

現在塗料には様々な種類があり、耐用年数が大きく異なりますし、例えば海の近くの家など特殊な環境に適した特別な塗料もあります。
そして質と価格はどうしても比例することになりますから、どんな塗料を使うのかを確認しましょう。
どのメーカーの、どのグレードの塗料を使うか、もし記載がないなら記載してもらうようにお願いしてください。
また外壁だけでなく屋根や雨戸、雨どいなど様々な部分を一緒に塗り替えてもらおうと考えているなら、塗装の種類をチェックする際にその耐用年数の足並みが揃っているかもチェックします。
というのも、例えば屋根は耐用年数10年の塗料を使っているのに雨どいは5年の塗料で済ませてしまうと、次回の塗り替え時期が屋根と雨どいで異なってしまうからです。
塗料の種類と耐用年数が分からないなら、業者に「この塗料で塗り替え時期の足並みが揃うのか」と聞いてみても良いでしょう。

三度塗り・ケレンの有無

外装塗装の基本は「下塗り」「中塗り」「上塗り」の3度塗りです。これを二度塗りにして1回分省いてしまうと剥がれやすく劣化しやすくなり、耐用年数がガクンと下がってしまいます。
きちんとした業者であれば見積書も当然三度塗りになっているはずですが、悪質な業者は一般人に知識がないことを良いことに、二度塗りで経費を抑えようとする可能性があります。
「ケレン」も同じことで、塗る前に古い塗膜や錆を落とす下処理を「ケレン」と呼びますが、これを省いて安く抑えると塗料がすぐに落ちてしまい、塗り替えの意味がなくなってしまいます。
このケレンを省いてしまうような悪質な業者かどうかも見積書で確かめましょう。

塗装箇所の記載

本来塗装箇所を全て記載し、それぞれに幾らかかるのか、トータルはいくらになるのかをハッキリと明示しておくべきなのですが、いい加減な業者だと工事に入ってから「ここも塗っておいた方が良い」などと追加でどんどん料金が上がってしまうことがあります。本当に全ての塗装箇所が記載されているのかどうか、追加が発生しないかを確認しておきましょう。

横浜市の塗装会社(株)エムクラフトでも勿論見積もりは無料ですし、分かりにくい点は全て納得がいくよう丁寧に説明致します。
まずは気軽にご相談ください。

横浜市南区を拠点にご対応しております!

代表 森川
外壁や屋根の塗り替えから、クロスや床の張替え、トイレ交換などの水まわりリフォームのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい。

お見積りは無料です!お気軽にお問い合わせ下さい!

お見積りは無料です!お気軽にお問い合わせ下さい!
よくあるご相談
・工事期間はどれくらいですか?
・不在がちですが大丈夫ですか?
・小さな工事でも大丈夫ですか?
上記のようなご相談はもちろん、疑問や悩み事などご相談下さい
メールでのお問い合わせはこちら

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)