株式会社 M-CRAFT

外壁塗装なら横浜市南区のエムクラフト

ブログ

外壁塗装の作業工程

外壁塗装を依頼する際、ある程度その工程を把握しておくと「今何をやっているところか」が分かるので安心です。

1.足場組み

外装塗装作業のために欠かせない足場は、職人の安全と作業効率アップ、更には良い仕事をするために欠かせないものです。
費用は掛かりますが、しっかりとした足場は必要経費と考えた方が良いでしょう。
塗装業者が足場設置専門業者に依頼して足場を組む場合と、塗装業者自らが組む場合とがあります。
足場は建物から30cmほど離して組み、完成後塗料が周囲に飛び散らないようメッシュシートを張り巡らせます。

2.高圧洗浄

外壁の表面には汚れや埃、カビなどがこびりついていますから、これをまず取り除きます。
これをしないとせっかく高質な塗料を使用しても剥がれやすくなるなど台無しになってしまいますから、高圧洗浄も省略できない工程です。
洗浄は業務用の専用高圧洗浄機を使い、高圧水流で一気に流し去ります。
洗浄後は3〜4日間、自然乾燥でしっかり乾燥させます。

3.下地調整

下地調整とは、塗料が外壁にしっかりくっつくよう様々な調整を行うことで、例えばヒビ割れがあればそこを埋めたり、目地のシーリングを打ち替えたりといった作業を行います。
この下地調整は塗装工事の完成度を決める最も重要な工程で、これを省略するのはもちろん、手抜きするような業者は非常に質の悪い業者と考えて良いでしょう。

4.養生

窓や手すり、ドアなど塗料が付いてはいけないところをテープやビニールシート、養生シートなどでマスキングする作業です。

5.下塗り

上塗り用の塗料が外壁にしっかり密着するよう、また上塗り用塗料が外壁に浸透(吸い込み)しないよう防止するために、下塗りが行われます。

6.中塗り

中塗りと後述する上塗りは、同じ塗料を使います。
これにより塗膜の厚みを確保して滑らかな下地を作り、塗料本来の機能を最大限発揮させることができます。

7.上塗り

仕上げとなる最後の工程で、塗り残しのないようローラーや刷毛で丁寧に塗っていきます。

8.付属部塗装

雨どいやベランダ、軒天など外壁・屋根以外の様々な部分を塗装します。

9.完成

全てを塗り終えたら養生を剥がし、足場を解体して終了です。

以上が大まかな外壁塗装の工程です。
親切な業者であればどの日にどの作業を行うかも丁寧に教えてくれるでしょう。
横浜市の塗装業者エムクラフトでも、できるかぎり安心して工事を任せることができるようしっかり分かりやすく説明し、納得していただいてから契約させて頂きます。

横浜市南区を拠点にご対応しております!

代表 森川
外壁や屋根の塗り替えから、クロスや床の張替え、トイレ交換などの水まわりリフォームのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい。

お見積りは無料です!お気軽にお問い合わせ下さい!

お見積りは無料です!お気軽にお問い合わせ下さい!
よくあるご相談
・工事期間はどれくらいですか?
・不在がちですが大丈夫ですか?
・小さな工事でも大丈夫ですか?
上記のようなご相談はもちろん、疑問や悩み事などご相談下さい
メールでのお問い合わせはこちら

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)